本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー
ショップブログ












営業時間 10:00~21:00
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺B館4F
TEL 0422-23-7740
取扱ブランド ARC'TERYX
Columbia
Foxfire
HAGLOFS
MAMMUT
Marmot
MILLET
MOUNTAIN HARDWEAR
phenix
SALOMON/SUUNTO
THE NORTH FACE
MSR、NEMOコーナー
 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】のんびり北八ヶ岳周回ハイキング

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

6月27,28日は行き先を決めずに連休を取っていて、

天気予報では27日は快晴、28日も朝のうちに雨は止んでその後は曇り予報だったため

のんびり北八ヶ岳で1泊しようといって来ました。

 

今回登った北八ヶ岳(茶臼岳、縞枯山、北横岳)は初めて訪れる場所でした。

去年の9月に初めての八ヶ岳で南北全部歩こうと歩いてきたのですが、

そのときは雨池方面の樹林帯をひたすら進んでいたので丁度今回行った場所をショートカットする形でした。今回は夏山の1泊登山でしたので荷物もすくなくのんびり過ごせました。

 

まずは茅野駅から北八ヶ岳ロープウェイ駅まで行き、そこでロープウェイに乗ってしまうのが楽なのですが、そこはロープウェイを使わずにロープウェイが到着する山頂駅まで歩きます。

山頂駅に着くと涼しい風も通り気持ちの良い快晴。

ky6.jpg

そこから坪庭と言うなんとも不思議な雰囲気の道を進み北横岳へ

ky7.jpg

ごろごろと大きな岩と背の低い植物が360度一面に広がっています。

またここら辺の道はロープウェイを利用する観光客の方達でも歩き易いように整備もされていて

日帰りでも十分に楽しめる場所になっています。

 

北横岳に登った後、少し戻って反対方向の縞枯山へと向かいます。

ky1.JPG

Tシャツ:Ether Crew SS

パンツ:Lefroy Pant

バック:Altra 65

 

縞枯山も山頂に向かう道以外は平坦な木道が続き気持ちの良い夏山ハイキングが楽しめました。

そして、縞枯山へと登る道。

しっかりとした登りはこの日初めての登場。

樹林帯で風もなく自然と汗が流れます。

ky2.jpg

登りの道も距離はそこまで無いので、すぐに山頂に着きます。山頂では展望が無いのですが、少し進んだ場所に展望台が。

南八ヶ岳の山々がしっかりと見えました。

ky8.jpg

その後は茶臼岳、麦草峠と進みキャンプ場のある白駒池へ。

ky4.jpg

テントを設営して重たい荷物をデポしたら白駒池周回コースを散歩。

ky3.jpg

ky5.jpg

池も美しいのですが北八ヶ岳といえばやっぱり苔の美しさ。

もちろん白駒池の周りでも綺麗な苔が楽しめます。

そして1日目は終了。

テント内で夕食をしっかり食べ、コーヒーを飲み、明日のコースを確認。。。。

こんな時間もテント泊の楽しみの一つです。

 

―2日目―

 

深夜から朝方にかけて強い雨が降り、フライシートに当たる雨音で4時頃に目が覚めました。

予報では午前中のうちに雨が弱くなる予定だった為、もうしばらく寝ることに。

目覚ましをセットしていた5時に起きて、朝食を摂るのですが雨は変わらず。

予定では7時行動開始と思っていましたが2日目の行程的に余裕があるため9時行動開始に変更。

もう一度寝て起きた頃には雨も少し弱まり、空もうっすらと明るい。

濡れたテント一式を大きめの防水スタッフバックにそのまままとめて詰めて撤収完了w

気づけば雨も霧に変わっていました。

霧の北八ヶ岳は初日の快晴のときとは全く違った雰囲気。

ky9.jpg

ky10.jpg

ky.jpg

2日目は茶臼岳や縞枯山の西側を巻いて歩く割と平坦な道。

サクサクと進み予定通りスタート地点の北八ヶ岳ロープウェイ駅に12時45分に到着。

 

去年の八ヶ岳縦走では歩けなかった部分の周回。そして快晴と曇天の両方を楽しめました。

北八ヶ岳は快晴であれば薄手の行動着でも心地よく、テント泊の夜中も夏山シーズンを感じさせる暖かさになっていました。

ただ、各山の山頂などは風もよく抜ける為寒いときにサッと着れる防寒具などは必須ですよ!

 

まだまだ梅雨空ですが、タイミングよく晴れた日や、北八ヶ岳のように曇天でも楽しめる山など、

気持ちの良い夏山シーズンを満喫しましょう!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club吉祥寺 MAMMUT 】マムートのトレラン用ザック!

こんにちは!!MAMMUT STORE ici club 吉祥寺店の武田です。

 

只今、石井スポーツでは、“岳人祭”のイベント開催中です!

期間中(6/10~6/26)に石井スポーツのメンバーズカードとはがきのご提示で、10%OFFになります!!

ぜひこの機会に登山用品の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

 

さて今回は、トレラン用のザックをご紹介したいと思います。

MTR 141 Light ¥12,000 + tax (7L)

mtr-141-light_black_gho1_rgb_500x500表.jpg
 
MTR 141 Advanced ¥12,000 + tax (10L+2L)
mtr-141-advanced_darkorange_gho1_rgb_500x500表.jpg
 
 
mtr-141-light1_neutral_det_rgb_500x500ボトル.jpg
 
今回のモデルは、サイドポケットがより深くなり、500mlのペットボトルも容易に入れられるようになりました。

また、ショルダーストラップには600mlのボトルが入るホルダーが2つも付ついており、ロングトレイルでも対応できますね!

 mtr-141-light4_neutral_det_rgb_500x500ストラップ.jpg
チェストストラップ2本、ヒップベルト1本あるので、走っている時のフィット感はより一層高まります。

 mtr-141-light2_neutral_det_rgb_500x500ポール.jpg
トレラン用のトレッキングポールも付けることが可能ですので、ロングトレイルや日帰りトレッキングでも使い勝手が良いです。

ぜひ、一度店頭にて確認してみてくださいね!

 

 

さて、私の近況ですが、つい先日トレランで陣馬山に行ってきました。


new_山頂.jpgnew_登山道.jpg
 
藤野駅からは、一の尾根を通るルートで山頂を目指しました。

5~6キロの距離で、傾斜もそれほどきつい所もありませんし、ちょっと走るにはちょうどいい距離ですね!

ただ、下山時にコースを間違え、下山後に和田峠を登るという…

総距離19キロでしたが、そこまで走る予定じゃなかったので、精神的にやられました(笑)

 
new_かき氷.jpg

でも、山頂で食べたかき氷は美味しくて、幸せでした!

トレッキングでも気軽に行ける山ですので、一度登ってみてはいかがでしょうか。

 

 

MAMMUT STORE ici club吉祥寺店 武田

【ici club吉祥寺 MAMMUT 】今季人気!デニム生地のクライミングパンツ再入荷!

こんにちは!!MAMMUT STORE ici club 吉祥寺店の武田です。

 

関東も梅雨に入りましたね。スッキリしない天気で気分も上がらない方も多いかもしれませんね。

ですが、梅雨が終われば本格的に山のシーズンがやってきます!

登山用品の準備はいかがでしょうか?

 

只今、石井スポーツでは、“岳人祭”のイベント開催中です!

期間中(6/10~6/26)に石井スポーツのメンバーズカードとはがきのご提示で、10%OFFになります!!

ぜひこの機会に登山用品の準備を始めてみてはいかがでしょうか。

 

さて今回は、デニム生地のクライミングパンツを再入荷しましたので、ご紹介したいと思います。

 FREE FRIDAY Indigo Pants Men ¥17,000 + tax

 new_freefriday 全体.jpg

 

非常にストレッチが効いたコットン素材のクライミングパンツです。コットンで出来ているため、耐久性に優れているのはもちろん、化学繊維の素材に比べ岩肌や壁に引っ掛かりに難いです。

 

new_freefriday 股下.jpg

 

股下の ガゼットが広いので、動きやすいです。

 

 

new_freefriday ポケット.jpg

 

ポケットもマンモスの牙が描かれており、可愛いです!

なによりデニム生地なので、普段使いでも使いやすいですね!

 

今回、EUサイズでXXS(ウエスト67~73cm)も入ってきましたので、女性や細身の方も履く事が出来ます。

 

ぜひ、一度店頭にて確認してみてくださいね!

 

MAMMUT STORE ici club吉祥寺店 武田

【ici-club吉祥寺店・山専ビックロ店】Foxfire写真セミナー開催!

こんにちは 森林インストラクター岳です。

Foxfireフォトレックシリーズの商品開発アドバイザーの秦達夫氏から

夏に向けた風景写真術を学んでみませんか?

参加費は、石井スポーツのメンバーズカードをお持ちの方なら無料です。

写真家・秦達夫氏による写真セミナー【吉祥寺・新宿】参加者募集中!

各地の渓谷、森、山々で作品を撮り続ける風景写真家の秦達夫氏。秦氏が経験した実体験を元に、夏の厳しい環境下での暑さ対策や防虫対策、撮影方法などモニターを使って詳しくレクチャーします。カメラ未経験の方でも、もちろん参加大歓迎です!どうぞお気軽にご参加ください。

 

「ちょいフォト見聞録」夏の風景撮影術

■日時: 6月18日(土) 

■会場:
・【10:00~12:00】ICI石井スポーツ吉祥寺店(コピス吉祥寺B館4階)
・【14:00~16:00】石井山専ビックロ店 EARTH PLAZA(ビックロ新宿東口店8階) 
■参加費: 石井スポーツグループメンバーズ会員の方は無料。
(一般1000円、当日会場にて無料会員登録可) 
■募集人数: 各会場20名様(先着順・事前予約制 ※満員の場合はキャンセル待ち)

■お申し込み: 石井スポーツ登山学校
・ICI石井スポーツ吉祥寺店 担当/井上・阿部 TEL.042-223-7740 受付時間/10:00~21:00
・石井山専ビックロ店 担当/植田・増田 TEL.03-5312-9550 受付時間/11:00~20:00


Hata profile

講師: 写真家 秦 達夫(はた たつお)
1970年長野県生まれ。写真家竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。故郷の湯立神楽「霜月祭」を16年間取材した『あらびるでな』で第八回藤本四八写真賞受賞。同タイトルの写真集を2014年11月に信濃毎日新聞社より出版予定。『山岳島_屋久島』写真集(日本写真企画)は8年間で400日を越える取材を敢行。小説家・新田次郎氏著書『孤高の人』の加藤文太郎や『アラスカ物語』のフランク安田に憧れている。 (Foxfireフィールドスタッフ・(社)日本写真家協会会員(JPS)・(社)日本写真協会会員(PSJ)
<秦達夫氏 WEBサイト>写真家 秦達夫 Official Site 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】南アルプス甲斐駒ケ岳、鋸岳、日向山縦走

南アルプスは今年の2月末の鳳凰三山縦走以来。

すっかり雪も無くなり新緑の季節となっていました。

そして黒戸尾根は去年の秋以来の2度目。今回は雨の黒戸尾根となりました。

nn10.JPG

写真:竹宇駒ケ岳神社から登山道へ

 

去年の秋に訪れたときには1日で甲斐駒ケ岳の頂上を越えて六合目石室に泊まりましたが、

今回は余裕のある日程のため七丈小屋で1泊する事に。

 

黒戸尾根は登山口から頂上までの標高差が大きく日本三大急登にもなっているのですが、

その魅力は樹林帯から始まり、はしご、鎖、などを経て森林限界に出たときの景色の迫力と

登山道の到るところに置かれた石碑や仏像が表すように古くから登られている道と言うことではないでしょうか。

石碑の中には大正元年の日付の物も・・・・!

初日の雨は弱くなったり強くなったりと結局止むことはありませんでした。七丈小屋でしっかりと翌日に備えます。

 

―2日目―

nn4.JPG

写真:雲海と鳳凰三山

 

2日目は朝から快晴。

七丈小屋からはすぐに森林限界なので朝の少し低い気温と広がる景色に身が引き締まります。

前回の黒戸尾根ではこの地点で既に陽が傾き始めていた為、初めてゆっくりと景色を楽しめました。

nn7.JPG

写真:雲海に浮かぶ八ヶ岳

 

甲斐駒ケ岳山頂からは鋸岳方面の尾根を進んでいきます。

あまり歩く人が多くない為か、道が草木によって分かりにくくなっている箇所が多いです。

nn6.JPG

写真;鋸岳へと続く尾根

 

尾根を少し下った所にある六合目石室という避難小屋に一度荷物をデポ

そこから鋸岳へ向かいます。石室から鋸岳までは小ピークが複数あり、登山道が不明瞭なことと無数の踏みあとがあり

ルートを見つけるのに時間が掛かります。

鋸岳手前の中ノ川乗越しではルートを示すペンキマークの色が薄くなっており、一度見落としました。

中ノ川乗越しを越えると鋸岳の第二高点。

nn.JPG

写真:鋸岳第二高点からの甲斐駒ケ岳

 

第二高点から大ギャップや鹿の窓といった鋸岳の核心部なのですが、ルート迷いでの時間ロスが響き

無理せずに石室へ引き返すことに。

nn3.JPG

写真:第一高点は目の前だった

 

ネット上などでは北アルプスの西穂奥穂縦走を比較されている事が多いのですが

個人的には西穂奥穂縦走路のほうがペンキマークの数が多くルート迷いはほぼ無かったのに対し

石室からの鋸岳登山道は不明瞭な道やペンキマークが多く、しっかりとルートの下調べが必要だと感じました。

 

―3日目―

鋸岳アタックも不発に終わったため体力には余裕のある最終日。

快晴でしたが風が強い。

nn1.JPG

写真:烏帽子岳からの朝

 

烏帽子岳からは地図上では登山道の表記が無い八丁尾根を通り大岩山まで行きます。

八丁尾根は去年も一度通っている道なのですが、大きくはっきりと樹に赤いテープなどで印がされているので

もしルートに迷った場合は最後に通過した印の地点に戻ることだけ気をつける。

 

樹林帯に入ってしまえば風も当たらず、徐々に気温も高くなっていく中、気持ちの良い下山日でした。

最後のピークの日向山も暑いほどに快晴。

nn8.JPG

写真:砂漠のような日向山山頂

nn9.JPG

写真:日向山からの八ヶ岳

 

雨も初日のみで天候に恵まれました。

当初の目的だった鋸岳ではありますが、次はしっかりと下調べをして第一高点側から上りたいと思います(笑)

 

雪も溶けて日中はかなり過ごし易い気温まで上がるようになりましたが、

朝晩は山の上では0度近くなる事も。

これから関東は梅雨入りしてしまいますが、隙間を見つけて外に遊びにいきたいと思います。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX  八木

ici club 吉祥寺のSHOP Blogへ移動する

ページトップへページトップへ