本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー

【ibs club 名古屋 foxfire】 八ヶ岳 硫黄岳に行ってきました。



風邪のはやる時期がやってきていますが、みなさまいかがお過ごしですか?

IBS名古屋店のスタッフも風邪っぴきがちらほら・・・。

健康第一!だって山に行かなきゃいけないですからね!!

 

というわけで、今回直営店フォックスファイヤー高畑と石井スポーツ中山、朝日の3人で、八ヶ岳の硫黄岳に行ってきました。

先週末に雪が降ったこともあり、どんなふうになってるんだろう!と楽しみにしながら、深夜に名古屋を出発。

朝6時半ごろ美濃戸口に到着。7時過ぎに登山口を出発しました。

RIMG1618

まずは、美濃戸山荘まで1時間。てくてくゆるい上り坂を歩きます。

RIMG1620

で、北沢と南沢の分岐です。

RIMG1629

分岐をこえてまたまたしばらく上り坂。じわじわと体力が奪われる感じ。

それを超えると、視界がひらけてこんな景色 ↑ が見えます。天気は良さそうですよ!

ここまでくれば、赤岳鉱泉はすぐそこ!なはず。しばらく歩くと、ちょっと硫黄の匂いがしてきました。

すると、じゃーん!赤岳鉱泉名物アイスキャンディーがどーんと立ってます。

RIMG1630

立派に成長しましたね。

そういえば去年11月22日に朝日が訪れたときはもっと貧弱だったそうですよ。(よろしければ、過去のブログでご確認くださいませ。)

赤岳鉱泉にて12本爪アイゼン装着。

RIMG1639

高畑は初の12本爪アイゼン!
赤岳鉱泉を出発して、赤岩の頭まではジグザグの急登を登って行きました。

ほーーーーーんとに、つらかった・・・。ほんとに。。。樹林帯で展望もなかったし。。。

でも、その先に待っていたのは・・・

RIMG1646

 こんな景色でした。

RIMG1652

 がんばってよかった・・・。こんな景色がご褒美として待ってたんですよ!

RIMG1657

真っ 青な空に向かて真っ白な雪の斜面を登っていきます。

RIMG1660

 登り切ると、北アルプスが端から端まで丸見えでした。

RIMG1672

硫黄岳山頂からは 横岳、赤岳、中岳、阿弥陀岳がずらっと見えました。

RIMG1676

頑張った3人で記念写真を撮りましたよ。

RIMG1685

 硫黄岳爆裂火口にも、雪が付いていました。見たことのない変わった地形ですね。

想像よりもはるかに弱い風でしたので快適な山頂でした。

それでも冷たい風が吹いてまして、風がどんどん強くなってきましたので降りることにしました。

RIMG1693

 雪がまんまるく乗っかっています。


RIMG1700

 あ!なんかいる!

ここまでくれば美濃戸口はもうすぐです。

この頃になると、もう気力だけで前に進んでいました。

 

というわけで、今回は標高差約1300mを10時間かけて歩いた山行となりました。

日帰りするにはハードでしたが、やりきったぞ!という満足感を感じながら名古屋へと帰りました。

でも、みなさまには赤岳鉱泉にて一泊してから山頂を目指して頂くことをおすすめします(笑)

また、今回は晴天で風もほとんどなく気温も高めでしたが、いつもそうとは限りませんっ!

なので、ピッケル、12本爪アイゼン、ワカン、ハードシェルのジャケットなどは準備していきました。

 

週末からお天気が怪しくなりそうですが、天気、コース、装備をしっかり確認いただいて、みなさまも安全第一の楽しい冬山山行をお楽しみください!

 

ici club 名古屋 foxfire 高畑

【ibs club 名古屋 ノースフェイス】 雪降る御在所に行ってきました。


ici club名古屋久野です。
雪、たくさん降りましたね!
お店のある栄あたりはほぼ溶けてしまっていますが、今朝の鈴鹿山脈あたりは雪が降っているようでしたよ。

大雪の降る直前の平日、石井スポーツ 朝日と一緒に御在所岳に行ってみました。
駐車場の時点ですでに雪が降ってました。

RIMG1590

 ですが、天気予報では午後は晴れる!ということだったので、出発してみることにしました。

RIMG1591

 あれっ?ちょっと晴れてきたみたいですよ。

RIMG1593

 あれれっ?霜柱ですよ。御在所も寒いんですね。

もちろんちょっと崩してみたりしました。

RIMG1594

 藤内小屋です。積雪5,6センチというところでしょうか?

あれれれっ?やっぱり晴れてきましたよ!

RIMG1595

 と思いきや、小屋をこえたあたりから様子がおかしくなってきました。

風はそんなに強くないですが、雪がどんどん降ってきます。

降雪が本気モードになってきた予感が・・・。

いや、でも一時的なものなんじゃないかなぁと淡い期待を持ちつつ進みます。

RIMG1596

 藤内壁出合です。

いやー、ロッククライマーのみなさんはどこをどう通って上に行くんでしょうか?と思うような姿です。

ところどころ凍っているのが下から見ても分かりました。

RIMG1601

 写真には写りませんでしたが、クライマーさんが壁の途中にいらっしゃるのが見えました。

RIMG1605

雪煙の舞う中、上からはどんな景色が見えるんだろうなぁなんて、妄想してみたりして。

RIMG1607

 雪が降ると、景色が変わりますね。寒々しさがむしろ美しいです・・・。

RIMG1611

 朝日の足元はザンバランパミールにグリベルのアイゼンをセットしてみましたよ。

「もうちょっと!」とふたりで励ましあいながら、やっと国見峠に到着。

途端に横なぐりの強風と雪の攻撃にあいました。

RIMG1613

 ここからはほんとにもう少し。着いたらカレーうどん食べようとそれしか考えていませんでした。

RIMG1616

 結局、雪は止むことなくさらに勢いを増してきましたので、これでは軽アイゼンでは下れないと判断し、おとなしくロープウエイで降りることにしました。

まだ行けるでしょ!とも思う反面、いや、きっと正しいジャッジだったんだとも思う、勉強になった山行でした。

また近いうちにリベンジしたいと思います。

 

地元のお手軽名山 御在所岳ですが、とはいえ雪が降れば立派な雪山です。

相応の装備と準備をしておでかけください。

どんなものがいるのかしら?と迷われた際はお店でご相談くださいませ。

この週末でたっぷりと雪が降りましたので、安全で楽しい雪山をお楽しみくださいね!

 

ici club 名古屋 ノースフェイス 久野

ページトップへページトップへ