本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】V80 ROLLING DUFFEL入荷しました!

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

アークテリクスより80Lのローリングギアキャリア、V80 ROLLING DUFFELが入荷しました。

V80.png

外付けフレーム設計で内部容量を最大化し、手でホールドできる場所やラッシュポイントも確保。

V801.png

耐久性のある、630dの高引張強度ナイロンの本体素材と、690dの補強材はコーティング、シームにはテープを施し対候性を確保。大きなナイロン製ホイール付きなので、縁石やでこぼこの道でも楽に移動できます。

やっと気温も安定してきて、これから山や旅行など遠出する機会も増えてくると思います。

アークテリクスより気合の入った新作ローリングギアキャリア。是非お試し下さい!

 0329.jpg

皆様のご来店スタッフ一同、お待ちしております。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】長距離アプローチに対応したKONSEAL FL 入荷

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

急に都内の最高気温も上がり春らしい環境になりましたが、

アークテリクスから新しいアプローチシューズ 【KONSEAL FL】が登場しました。

Black/Pilotアイス3.png

片足で300g(27cm)と軽量ながら高い歩行サポート力があるため荷物が多い時やアプローチが長距離、長時間の際にも対応。

ソールはおなじみのVibram® MegaGrip™を使用しており安定のグリップ力。

暖かくなってきて、これから外岩に出かけられる方も増えると思います。是非、1度お試し下さい!

 

最後に、一週間ほど前ですが氷が溶ける前にアイスクライミングに行ってきました。

アイス.jpg

アイス1.jpg

アイス2.jpg

この日も気温は高く、アプローチの林道はTシャツで丁度良いくらいでした。

 しっかりと汗冷え対策をして出かけましょう!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】Arro22に新色登場!

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

大人気のバックパックArro22に新色のBlack/Rigelが登場しました。

無題.png

 公式ホームページも2018年春夏仕様に変わりましたので、新商品や新色などもチェックして頂けます!

 商品の入荷は今月末から本番となります。その前にホームページで気になる物の下見はお早めに!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】コピス吉祥寺休館日のお知らせ

こんにちは、アークテリクス吉祥寺です。

 

2月21日(水)はコピス吉祥寺の施設点検のため終日休館となります。

お客様にはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございません。

 

2月22日から通常営業となります。

また2月末から徐々に春夏商品の入荷も始まりますのでよろしくお願い致します。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】のんびり奥多摩ハイキング

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

2月4日、5日で奥多摩の鷹ノ巣山へ1泊2日の登山に行ってきました。

初日は倉戸口から鷹ノ巣山避難小屋まで5時間程度

2日目は避難小屋から石尾根を通り奥多摩駅まで5時間程度の日程です。

 

両日共に快晴で日向では春の陽気も感じられるほど暖かい環境でした。

それでも日陰や朝晩は寒く気温も低い為、多い場所では40cmほどの積雪もあり、日中溶けた雪が凍結していたり・・・・

たかのす2.jpg

日向は暖かく葉の上に積もった雪もほとんど溶けています

たかのす1.jpg

日の当たりにくい場所ではその逆で葉の上にも沢山の雪が。

たかのす3.jpg

隣の尾根もまだまだ雪があります。

たかのす4.jpg

避難小屋の夜は-10度程。

朝7時の出発時には外も-8度。風が冷たい。

たかのす5.jpg

日が出てきて下山も進んでいくとかなり体感的には暖かく、朝晩の寒さを忘れてしまいそうになります。

たかのす6.jpg

良い天気。時折斜面の下に鹿の親子の姿なども。

たかのす.jpg

気温も高く予定よりも1時間程早く奥多摩駅に到着。

雪が降った為か、川の流れも激しい気がします。

たかのす7.jpg

今回使用したバックはAlpha FL 45L

避難小屋泊だったのでテントもなく、食糧も2日分とかなり荷物はコンパクトでした。

バックのサイドにもともとある2つのギアループ(左右合わせて4つ)にそれぞれ外付け用のベルトを付けています。

写真の様にテントマットを外付けしたり、冬山日帰りの際にはワカンやスノーシューの外付けも出来る様に改良しています。

もともとシンプルなバックなので、使っているうちに「もっとここがこうだったら・・・」とか「もっとこういう使い方がしたい・・・!」など

いろいろ思うことが多いバックなので、改良することでさらに自分に合ったバックになっていきます。

そうしてもっと愛着のある道具になっていく気がします。

 

簡単ではありますが、奥多摩ハイキングと使用バックの報告でした。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】冬のバリエーションルート入門阿弥陀岳南稜

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

都内で大雪が降った1月22日から23日までで八ヶ岳の阿弥陀岳南稜ルートへ行ってきました。

阿弥陀岳南稜はバリエーションルートで特に冬季のバリエーションルートとしては入門的なルートです。

 

初日は舟山十字路から立場山を超えた辺りでテント泊。

1阿弥陀.jpg

阿弥陀1.jpg

阿弥陀2.jpg

天候は穏やかで気温も高く過ごし易い1日でした。

1日中雪が降った用で2日目の朝起きると雪の重さでテント内の天井が下がっていました笑

2日目の天気も早朝から午前中はまだ風も弱く穏やかでしたが、曇っていて視界は約10メートルほど。

2日目から岩と雪の道となるので、ハーネスとヘルメットを装備してスタート。

阿弥陀3.jpg

稜線に出てからは風雪が強くなり写真を撮るのを忘れていました・・・・

阿弥陀5.jpg

徐々に天候が悪化していく中、阿弥陀岳山頂に到着。

当初の予定ではこのまま赤岳主稜を登り、3日目は阿弥陀岳北西稜を登る予定でしたが

悪天候もあり、このまま御小屋尾根で下山しました。

予定よりも早めの下山となりましたが、冬季のバリエーションルートを楽しめたので結果的には良かったかなと思います。

そして下山して車の上に積もる雪の量にびっくり、都内の積雪量にびっくりでした。

 

気温が低い時や風の強い時など悪い環境の中で、ロープやカラビナ等の操作が必要になる場面がありましたがそんなときこそウェアやグローブなどの大切さや必要な機能が良く分かる気がします。

簡単ですが2018年の最初の登山阿弥陀岳南稜のご報告でした。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

昨年のお礼をさせて頂く前に新年のご挨拶となってしまいましたが

昨年同様に登山報告中心にたまに商品紹介を更新していこうと思いますので

どうぞよろしくお願い致します!

 

早速ですが、昨年の登り収めで登ってきた雲取山を簡単にご報告。。。

12月28日、天候は晴れ。鴨沢バス停から山頂までを往復日帰りで行ってきました。

 

12月は富士山と中央アルプスに行ってきたあとだったので久しぶりに軽装な日帰り。しかも暖かい!

kmtr3.jpg

気になっていた雪も12月28日の段階ではかなり少なく、チェーンスパイクすら出番がありませんでした。

kmtr2.jpg

山頂付近にだけ極わずかな積雪

kmtr1.jpg

山頂は昼間で-4℃程度。風も穏やかで暖かい。

kmtr.jpg

鴨沢~山頂の往復は夏道のコースタイムで8時間30分程度

日帰りだと少しコースタイムよりも早いペースでの行動になるので

丁度良い負荷と体温も下がらずに1年の登り収めには最適でした!

 

2018年の登り始めは1月末に槍ヶ岳を予定しております・・・!

 

またご報告させて頂きます。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】冬の中央アルプス

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

12月19、20で中央アルプスに行ってきました。

中央アルプスは秋に一度、木曽駒ケ岳、宝剣岳、檜尾岳と縦走した以来

2度目の登山でした。

 

18日の時点で木曽駒ケ岳の天気予報を見ると気温-16℃、風速26m

ロープウェイが運行するか心配でしたが通常運行しており、まずは木曽駒ケ岳を目指すことに。

風も強く天気はくもり雪で視界不良。何とか千畳敷カールを登りましたがその先は無理をせずに引き返しました。

中央.jpg

一度千畳敷カールを下り、檜尾岳を目指します。

日が暮れてからは天候も回復したようで星の光が明るいくらいでした。

雪が積もった道なのでルートを迷わないように慎重に進みます。

檜尾岳を越えてこの日は避難小屋に1泊。長い長い1日がようやく終了。

中央1.jpg

 避難小屋の朝は室温-13℃。

 中央3.jpg

 外は初日の天候とは真逆。雲ひとつない快晴。

初日の暗い中歩いてきた道がはっきりと見えます。

中央2.jpg

 反対側には空木岳

中央5.jpg

 初日には全く見えなかった景色を楽しみながら下山

中央4.jpg

 尾根沿いに高度を下げながら、雪深い樹林帯へ

中央7.jpg

 腰の高さほどまで積もった雪の中を慎重に進み下山

中央6.jpg

 下山途中には南アルプスもはっきりと見えました。

 今回はかなり天候に左右されてしまいましたが、これも良い勉強、経験。

今後の雪山登山の行程を考えるときにきっとこの経験が役立つはずでしょう・・・

 

今年は大きな登山の予定は無いのでゆっくり年越し、また来年からしっかりと準備して

山に入っていきたいと思います。

 

もちろんお店は12月31日までしっかりと営業しております!!

31日のみ18時閉店ですが、1月2日から通常通り営業親しますので

まだまだ皆様のご来店お待ちしています!

 

ici club 吉祥寺 ARC’TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 Foxfire】3通りの着方ができる、3シーズン着用できる、3WAYジャケット  

3通りの着方ができる、3シーズン着用できる、3WAYジャケット

Foxfireオーロラジャケット 5113732

 

オーロラJK 017.JPG

 

極寒地へ旅行、あなたは何を着て行きますか? 

空港ロビー、オーバーチャージを取られない、軽くかさ張らない防寒ウエアがあるのをご存じですか? 

極地旅行から帰ってきた後も日常で使える防寒ウエアがあるのをご存じでしたか? 

秋から冬、そして春。3シーズン使用できる極寒地用のウエアがあります。 

そう、それがこの冬Foxfireが一番おすすめするオーロラジャケットです

 

 

 

オーロラJK 015.JPG

オーロラJK 014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Foxfireオーロラジャケット開発の歴史は2000年から17年、オーロラ撮影をするため、極寒地を旅行する人のために何世代も改良を重ねてきました。当初から最新ゴアテックス素材のアウタージャケットと最良のダウンを使用したライナージャケットを組み合わせる、ユニットシステム※を採用していました。

 

オーロラJK 016.JPG 

 

ダウンジャケットは袖を畳んで空気を抜きながら転がしフードの中へ収納※ スーツケースに入れてもかさ張りません。現地ではダウンジャケットを取り付けて極寒に備えてください。

 

オーロラJK画像 007.JPG

 

オーロラJK画像 006.JPG

 

オーロラJK画像 005.JPG

 

アウタージャケットは、内ポケット、ハンドウォーマーを含め8個のポケットが、貴重品や撮影道具の収納に便利。氷点下でも凍りつかない獣毛を使ったファーはボタンで外せるので、春のレインコートとしても使用できます。しなやかな生地のゴアテックスジャケットは、3シーズンを通して使用でき、ストレスフリーです。

 

ライナージャケットは、700フィルパワーの超撥水クイックスダウンを235g封入。ダウン抜けしにくい新開発ピステルファイバー生地を採用。大型の内ポケットを含む4ポケットを装備します。

 

Foxfireオーロラジャケットで快適な冬の旅をお楽しみください♪

吉祥寺・Foxfire 永田

 

 

 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】冬の富士山へ

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

12月7日に富士山へ登ってきました。

12月の富士山はこれで3年連続。

毎年気温や雪の量など差が激しいですが、今年はどうかとワクワクしながら登りました。

コースは2年前と同様の馬返しからスタート。

 

夜明け前の早朝2時に馬返しの駐車場を出発。気温は-4度でした。

fuji.jpg

六合目あたりで日の出を迎えました。

fuji1.jpg

気温が低い為か雪が溶けて凍結しているような路面は無く、サラサラとした雪が多い。

fuji2.jpg

天気も良く、この時点では風もほぼ無風で登りやすい。

fuji3.jpg

七合目あたりでも雪が少ない印象でした。風で飛ばされている為でしょうか。

fuji4.jpg

八合目を超えた辺りから強風が吹くようになり、体感気温も一気に低くなります。

fuji5.jpg

吉田口の山頂からお鉢を半周して剣ヶ峰へ。

このお鉢半周が1番強風で気温も低く、体力も気力も削られました・・・・

fuji6.jpg

はじめての剣ヶ峰。

気温は-16度。風は10~15m程度。体感気温は-20度以上・・・

ウェアやグローブなどの大切さを思い知ります。

 

今回使用した商品を簡単に紹介します。

Back

Alpha FL 45

軽く、防水性も高いので去年の12月富士山でも使用しました。

日帰りや避難小屋泊などの冬山でもっと使って行きたいと思っています。

僕はサイドに2本のコンプレッションベルトを後付けしてワカンやスノーシュー外付けできるようにしたので

また使用感などご報告致します。

 

Jacket

Alpha AR Jacket

腰の部分が絞られたシルエットになっているので中に中間着を着こんで使用したときに

下からの風が入りにくかったり、バックのウェストハーネスとショルダーハーネスにかぶらないポケットの位置などが

登っている最中に使い易い印象でした。

生地の硬さや防風性も今回の富士山では問題なしでした。

 

Beta AR Pant

2シーズン前から冬山で使用していますが、内側のゲイターで雪の侵入も防げて

生地の耐久性高く安心して冬山で使用してます。

サイドのジップを開けてベンチレーションとしても使えます。

 

Atom LT Hoody

スタート時1合目から5合目までの樹林帯の中では行動着に

森林限界を超えた後は中間着で使用。

軽くて保温性も丁度良く、しっかりと外に汗も逃がしてくれていました。

冬山の定番行動着、中間着としてこれからも活躍してくれそうです。

 

次は中央アルプスへ1泊2日で行く予定なので、またご報告させて頂きます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

ページトップへページトップへ