本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー

【ici club 吉祥寺 Foxfire】3通りの着方ができる、3シーズン着用できる、3WAYジャケット  

3通りの着方ができる、3シーズン着用できる、3WAYジャケット

Foxfireオーロラジャケット 5113732

 

オーロラJK 017.JPG

 

極寒地へ旅行、あなたは何を着て行きますか? 

空港ロビー、オーバーチャージを取られない、軽くかさ張らない防寒ウエアがあるのをご存じですか? 

極地旅行から帰ってきた後も日常で使える防寒ウエアがあるのをご存じでしたか? 

秋から冬、そして春。3シーズン使用できる極寒地用のウエアがあります。 

そう、それがこの冬Foxfireが一番おすすめするオーロラジャケットです

 

 

 

オーロラJK 015.JPG

オーロラJK 014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Foxfireオーロラジャケット開発の歴史は2000年から17年、オーロラ撮影をするため、極寒地を旅行する人のために何世代も改良を重ねてきました。当初から最新ゴアテックス素材のアウタージャケットと最良のダウンを使用したライナージャケットを組み合わせる、ユニットシステム※を採用していました。

 

オーロラJK 016.JPG 

 

ダウンジャケットは袖を畳んで空気を抜きながら転がしフードの中へ収納※ スーツケースに入れてもかさ張りません。現地ではダウンジャケットを取り付けて極寒に備えてください。

 

オーロラJK画像 007.JPG

 

オーロラJK画像 006.JPG

 

オーロラJK画像 005.JPG

 

アウタージャケットは、内ポケット、ハンドウォーマーを含め8個のポケットが、貴重品や撮影道具の収納に便利。氷点下でも凍りつかない獣毛を使ったファーはボタンで外せるので、春のレインコートとしても使用できます。しなやかな生地のゴアテックスジャケットは、3シーズンを通して使用でき、ストレスフリーです。

 

ライナージャケットは、700フィルパワーの超撥水クイックスダウンを235g封入。ダウン抜けしにくい新開発ピステルファイバー生地を採用。大型の内ポケットを含む4ポケットを装備します。

 

Foxfireオーロラジャケットで快適な冬の旅をお楽しみください♪

吉祥寺・Foxfire 永田

 

 

 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】冬の富士山へ

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

12月7日に富士山へ登ってきました。

12月の富士山はこれで3年連続。

毎年気温や雪の量など差が激しいですが、今年はどうかとワクワクしながら登りました。

コースは2年前と同様の馬返しからスタート。

 

夜明け前の早朝2時に馬返しの駐車場を出発。気温は-4度でした。

fuji.jpg

六合目あたりで日の出を迎えました。

fuji1.jpg

気温が低い為か雪が溶けて凍結しているような路面は無く、サラサラとした雪が多い。

fuji2.jpg

天気も良く、この時点では風もほぼ無風で登りやすい。

fuji3.jpg

七合目あたりでも雪が少ない印象でした。風で飛ばされている為でしょうか。

fuji4.jpg

八合目を超えた辺りから強風が吹くようになり、体感気温も一気に低くなります。

fuji5.jpg

吉田口の山頂からお鉢を半周して剣ヶ峰へ。

このお鉢半周が1番強風で気温も低く、体力も気力も削られました・・・・

fuji6.jpg

はじめての剣ヶ峰。

気温は-16度。風は10~15m程度。体感気温は-20度以上・・・

ウェアやグローブなどの大切さを思い知ります。

 

今回使用した商品を簡単に紹介します。

Back

Alpha FL 45

軽く、防水性も高いので去年の12月富士山でも使用しました。

日帰りや避難小屋泊などの冬山でもっと使って行きたいと思っています。

僕はサイドに2本のコンプレッションベルトを後付けしてワカンやスノーシュー外付けできるようにしたので

また使用感などご報告致します。

 

Jacket

Alpha AR Jacket

腰の部分が絞られたシルエットになっているので中に中間着を着こんで使用したときに

下からの風が入りにくかったり、バックのウェストハーネスとショルダーハーネスにかぶらないポケットの位置などが

登っている最中に使い易い印象でした。

生地の硬さや防風性も今回の富士山では問題なしでした。

 

Beta AR Pant

2シーズン前から冬山で使用していますが、内側のゲイターで雪の侵入も防げて

生地の耐久性高く安心して冬山で使用してます。

サイドのジップを開けてベンチレーションとしても使えます。

 

Atom LT Hoody

スタート時1合目から5合目までの樹林帯の中では行動着に

森林限界を超えた後は中間着で使用。

軽くて保温性も丁度良く、しっかりと外に汗も逃がしてくれていました。

冬山の定番行動着、中間着としてこれからも活躍してくれそうです。

 

次は中央アルプスへ1泊2日で行く予定なので、またご報告させて頂きます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】ウィンターギフト キャンペーン実施中!

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

現在、吉祥寺店ではウィンターギフトキャンペーンを実施中です。

内容は期間中(12/1~12/24)にCovert HoodyまたはCovert Cardiganをご購入の方に

非売品のバンダナをプレゼントいたします!

001.jpg

寒い冬にぴったりな厚手生地のフリース。アークテリクスの秋冬商品では定番になりつつあります。

Covert-Hoody-Triton.jpg

 

Covert-Hoody-Triton-Front-View.jpg

季節の変わり目にはアウターにもできて、寒い冬にはアウターの中に中間着として使っていただけます。

見た目以上の保温力をぜひ店頭で試してみてください!

 

皆様のご来店お待ちしております!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】晩秋の北海道

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

少し前の話になってしまいますが10月23~27日まで北海道の釧路に帰省していました。

北海道への帰省は約6年ぶり。

もともとは道東の百名山(雌阿寒岳、斜里岳、羅臼岳)に登るつもりでしたが

帰省直前の台風で完全に雪山になってしまい道も通行止め・・・

 

仕方が無いので観光やキャンプをしてきました。

簡単にご紹介いたします。

hokkaidoo4.jpg

摩周湖

摩周岳への登山道の途中から見ているのでちょうど展望台の反対側からの景色です。

台風の影響で湖の周囲の稜線にはうっすら雪が積もっています。

 

hokkaidoo2.jpg

900草原

釧路から摩周湖に向かう途中にある草原地帯を見渡せる展望台

快晴に草原。まだ紅葉も少し残っていました。

 

hokkaidoo.jpg

 

hokkaido3.jpg

多和平キャンプ場

牧場の中にあるキャンプ場。展望台もあるので夜には沢山の星が見れます。

今まで見た星空で1番綺麗だったのは北アルプス五竜岳付近で見た空でしたが、完全にそのとき以上に綺麗に星が見えていました。

朝晩は気温0度程度。車のフロントガラスが凍ってました・・・・

 

hokkaidooo1.jpg

屈斜路湖

美幌峠からの景色ですが、左奥には斜里岳の姿もはっきり見えます。

大きな湖に百名山。次回帰省した際には登ってみたい!

 

簡単ではありますがご紹介でした。

まだまだ沢山の場所を見てきたのですが、ご紹介しきれないので・・・

天気は全て快晴で日中は15度前後。日照時間が短く16時30分頃には日没。日没後は釧路市内で6度程度。

 

もちろん帰省もアウトドアウェアが大活躍。

今回ほぼ毎日着ていたものは

ATOM LT HOODY と GAMMA AR PANT です。

 

動き易く保温性もあり、観光地を動き回るのに最適でした。

来年には道東の百名山に登ってレポートしたいと思います!

 hokkaidoo5.jpg

 ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】谷川岳 秋から冬へ

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

11月1日に谷川岳へ行ってきました。

谷川岳は登山を始めてからずっと行きたかった場所で毎回候補に挙がるのですが

なかなか行く機会が無く。。。

今回初めての谷川岳です。

 

先月通過した2つの台風の影響で少し雪が降ったという情報を得たので

チェーンスパイクだけバックに入れて行きましたが

山頂付近は想像以上に雪山でした。

tanigawa.jpg

天気は快晴。

tanigawa1.jpg

tanigawa2.jpg

今回登りは西黒尾根から登りましたが、登り始めてすぐに雪や氷がちらほら・・・

tanigawa3.jpg

周りの山も山頂付近はしっかり雪が。

tanigawa4.jpg

西黒尾根ルートも途中からはこんな感じ。チェーンスパイク装着です。

tanigawa5.jpg

山頂付近では雪山のような景色。登山道はかなり人が登った形跡があり、

しっかりその跡をたどる事が出来ます。

tanigawa6.jpg

標高2000メートル以下の稜線上でもしっかり雪があります。

tanigawa7.jpg

山頂から下を見下ろすと途中までは紅葉ですが上半分は雪山に。

tanigawa8.jpg

山頂もかなり雪があります。

tanigawa9.jpg

最後はロープウェイの下の登山道を通って下山。

天気は良かったのですが、山頂付近で日陰だと気温は0度以下。

風も少し強かったのでこれからは山の上は雪山装備になりそうです。

 

簡単ではありますがご報告でした!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】Atom LT Hoody新色

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

本格的に秋から冬に向かい始めている天候ですが

秋冬は春夏以上にアウトドアウェアを街中で着る方が増えてきております。

着心地の良さや丈夫さ、軽さなど理由は様々ですがアウトドアブランドもどんどん山ではなく

街中で使用する目的の商品を増やしている今日です。

 

アークテリクスでも「24」という名前のカテゴリーでタウンユース向け商品を提案していますが

それだけではないクライミングやトレッキング向けの商品までも街中で着れてしまうのが

アークテリクスのブランド力だと思っております。

 

そんな中、秋冬の定番商品ともなったAtom LT Hoodyが男女共に入荷しております。

毎年雑誌やWebで紹介されるAtom LT Hoodyですが

これこそ、山でも、街でもといった商品です。(僕も吉祥寺から冬の富士山まで使っています!)

atom17.jpg

Black以外の今季入荷したカラーを並べてみました。(左5色はメンズ、右4色はレディース)

まさに山でも街でも使える綺麗なカラーが揃いました。

Atom LT Hoodyの中綿は化繊綿なので水にも強く洗濯機で洗濯も簡単に出来ます。

最近降り続いている雨の日もAtom LT Hoodyを着て出勤していますが

撥水もしっかり効いており、万が一綿まで染みるような雨に降られても吊るして干しておくだけですぐ乾きます。

 

アークテリクスの提案する山でも街でも活躍するウェアの1つ

Atom LT Hoodyを今年は使ってみませんか?

 

皆様のご来店お待ちしております!

Atom171.jpg

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】タウンユース向けゴアテックスコート

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

本日13日より都内では最高気温が10度以上もいきなり下がるなど

11月ほどの気温で肌寒い環境に変わりました。

 

秋冬シーズンは特にタウンユース目的で商品を探される方が増えるのですが、

今年はそんなタウンユース向けの商品でゴアテックスコートが新登場しました。

 

ケッペルトレンチコート ¥60000+Tax

Keppel-Trench-Coat-Black.jpg

Black

Keppel-Trench-Coat-Kingfisher.jpg

 Kingfisher

Keppel-Trench-Coat-Dark-Moss.jpg

Dark Moss

 

しっかり目のゴアテックス素材を使用しているので風にも強く見た目もシンプルです。

入荷前よりお問い合せや入荷予約が多く、店舗在庫は非常に少なくなっております・・・・

気になる方はお早めに!

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】秋の荒船山

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

かなり久しぶりに山に登ってきました。

群馬県の荒船山へ。石井スポーツ吉祥寺店のスタッフや他ブランドのスタッフなどあわせて7人

気温も高く、陽気な秋の日帰りハイキングでした。

荒船山2.jpg

山の中も少し紅葉気味

荒船山3.jpg

気温も高く、風も穏やか。行動中はTシャツ1枚でも良いくらい

荒船山1.jpg

とも岩の下は所々赤く色付いてました

荒船山.jpg

 

8月末の後立山縦走以来だったので、のんびり日帰り登山も丁度良く気持ちの良い1日でした。

ただ、東京では今週末頃から徐々に気温の低い日が続く予報です。

ダウンや化繊のジャケットなど、アークテリクスでは山ではもちろんですが寒い街中でも使用し易い商品が豊富です。

10月も引き続き秋冬商品続々入荷中です!

皆様のご来店お待ちしております。

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】後立山連峰縦走

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

少し前の話になってしまうのですが、8月28日~31にかけて

3泊4日のテント泊で後立山連峰縦走してきました。

スタートは扇沢、ゴールは栂池ロープウェイというコースです。

実は、去年の同時期にも扇沢から縦走したのですが、去年は大雪渓を下り猿倉へ下山したので

もう少し今回のほうが距離が長い縦走になりました。

簡単に写真でご紹介したいと思います。

 

1日目:晴れ 扇沢~五竜岳手前でビバーク

後半の2日間が天気悪そうだったので前半の2日間で当初予定していた3日分の距離を歩くことに。

1日目は16時間行動でした・・・

us.jpg

爺ヶ岳から種池山荘と立山連峰

us1.jpg

爺ヶ岳のあとは冷池山荘を越えて鹿島槍ヶ岳南峰へ。

us2.jpg

鹿島槍ヶ岳を越えると岩場続きの道。八峰キレット

us3.jpg

キレット小屋を超えて夕暮れ。1日目は快晴続きでした。

 

2日目:晴れ~くもり小雨 五竜岳手前~天狗山荘

何とか雨が降る前に不帰瞼を超えたいという一心でした笑

us4.jpg

五竜岳は残念ながら展望なし。それでも唐松岳は綺麗に見えました。

us5.jpg

唐松岳を越えるとガスと西からの強風・・・少しだけ不帰瞼に突入するのを迷いましたが

実際通る道は稜線の東側を巻くように進むので西からの強風を受けずに進めました。

不帰瞼を超えてしばらくすると小雨も降ってきて、天狗山荘では夕立も降られました・・・・

 

3日目:くもり~晴れ 天狗山荘~白馬大池山荘

天狗山荘からずっとくもりで白馬三山はほぼ展望なし・・・

白馬を超えて小蓮華尾根に入ってからは少し晴れ間も出てきました。

us6.jpg

今回の縦走で初めて歩いた小蓮華尾根。それまでの後立山の登山道とガラッと雰囲気が変わり

本当に綺麗な場所でした。

us7.jpg

白馬大池山荘からの夕陽

この山荘も池のすぐ側にあって少し標高も下がった位置にあるので穏やかで広々とした場所でした。

us9.jpg

まだまだ8月末で風もなければ夜も暖かい。

静かにコーヒーを飲みながら星を見たりするのが縦走で1番落ち着く時間

そして4日目は3時間くらいでロープウェイ駅へ。

当初の予定よりも雨に降られることも無く、縦走を終えられました。

後立山はいくつかスキー場もあるので冬も人気のある場所です。

今年は冬の後立山も行きたいなと思います。

 

また、大事な店の情報ですが、

9月より徐々に秋冬のウェアやバックの入荷が始まっています。

これからは毎週入荷があるので、ホームページを見て気になる商品のお問い合せや

去年買い逃した商品などお気軽にお問い合せ下さい!

 

みなさまのご来店お待ちしております!

  us8.jpg

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】Arro22 入荷予定のご案内

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

8月からアークテリクス2017年秋冬シーズンがスタートし、ホームページ上での商品紹介なども

秋冬使用に変わりつつあります。

 

そんな中から、本日はバックパックのArro22入荷予定のご案内です。

 

現在のラインナップの中ではバックパックの代表的商品になっているArro22ですが

現在吉祥寺店では欠品しております。。。。

しかし、秋冬分の入荷が8月末予定となっており、新色も登場いたします。

※入荷が遅れる場合もございます。

まずは定番のBlack

Arro-22-Backpack-Black.jpg

新色のBlack Sapphire

Arro-22-Backpack-Black-Sapphire.jpg

 

人気商品のため欠品中の現在も問合せの多い商品ですが、

今回は一足先に入荷予定のご連絡させて頂きました!!

 

これから徐々に秋冬商品が入荷してまいりますので、またご報告させて頂きます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

 

 

ページトップへページトップへ