本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー

[ici club 長岡 salomon suunto] 大源太山トレッキング

どーも!

サロモン スント ici club 長岡店スタッフの小野塚です!


ちょっと前になりますが6月5日の定休日にお客様と一緒に新潟県湯沢町にあります大源太山(1,598m)に登ってきました~!


この山は「上越のマッターホルン」「東洋のマッターホルン」と呼ばれる山です。谷川連峰の中では標高の低い山ですが、なかなか険しい箇所もあり中級車向けになります


天候は晴れ。Tシャツ1枚でも暑いくらいでした


登山口から少し歩くと川に入ります。はしごからスタート

 

はしご.jpg

簡単に設置されているはしごなだけくあって安心感全くなし!!笑


でも登るしかない...


その後2箇所ほど川を横断します。

 

川1.jpg

 

川2.jpg

川の風景は素晴らしいですね


マイナスイオン出まくってる気がします(笑)


川を横断した後は開けるまでしばらく歩きます

林の中は比較的涼しかったですが、それでも多少の蒸し暑さは感じます


やっと開けると素晴らしい景色が!

周りの山が見渡せます

 

風景1.jpg

 

風景3.jpg

景色はとても綺麗ですが両脇は崖


すこしでも気を抜くと滑落の危険もありますのでご注意を

 

風景2.jpg

 

風景4.jpg

山頂付近に差し掛かると、一気に岩場へ

鎖場もあるので慎重に

 

風景6.jpg

 

風景7.jpg

そしてあっという間に山頂へ!

「え?もう山頂??」って思うくらい上りはあっという間でした!

 

風景8.jpg

この時点でまだ10時くらい。軽く休憩を済ましてここからは下りです。


いきなりクライミングからスタート。ロープと鎖がついていますが暑くて滑る滑る(汗)

 

風景9.jpg

 

風景10.jpg

当然手を離せばそのまま落下。まず助からないでしょう。

そこまで険しくは無いですが注意は必要です


ただその分景色は良く、周りの山々が見渡せます

 

風景12.jpg

 

風景13.jpg

途中雪が見えますが登山道には全く影響ないのでご安心を

 

風景14.jpg

この開けた景色と別れを告げ、林の中へ入っていきます。ここからが辛い下りのスタートです。


とにかく長い!!

山頂まであんなにあっという間だったのにゴールが一切近づいてる気がしない!


登ったルートとは違ったルートで帰ったのでそれもありますが、なだらかな道がずっと続き、ひたすら歩き続けます。


なんとか無事に帰還。トータル6時間のトレッキングでした


登った感想は

・標高が低い割りに岩場や鎖場が多く、ソール固めの登山靴がオススメ

・虫が多いので虫対策は必須

・サングラス、帽子など紫外線対策も必要


ご興味ある方はぜひ登ってみてください


以上簡単ではございますが大源太山トレッキング報告でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへページトップへ