本文へジャンプ
ICI CLUBへようそこ!
サイトマッププライバシーポリシー
ブランドブログ




アークテリクスの登山アイテムから、代表的なメンズアパレル、バッグ、 アクセサリーを幅広くチョイス。
国内でも有数の品揃えを誇るとともに、 専任スタッフが詳しい商品説明をしてくれるのも嬉しいところ。

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】Arro22 入荷予定のご案内

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

8月からアークテリクス2017年秋冬シーズンがスタートし、ホームページ上での商品紹介なども

秋冬使用に変わりつつあります。

 

そんな中から、本日はバックパックのArro22入荷予定のご案内です。

 

現在のラインナップの中ではバックパックの代表的商品になっているArro22ですが

現在吉祥寺店では欠品しております。。。。

しかし、秋冬分の入荷が8月末予定となっており、新色も登場いたします。

※入荷が遅れる場合もございます。

まずは定番のBlack

Arro-22-Backpack-Black.jpg

新色のBlack Sapphire

Arro-22-Backpack-Black-Sapphire.jpg

 

人気商品のため欠品中の現在も問合せの多い商品ですが、

今回は一足先に入荷予定のご連絡させて頂きました!!

 

これから徐々に秋冬商品が入荷してまいりますので、またご報告させて頂きます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

 

 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】北アルプス明神岳主稜~前穂高岳

こんにちは、アークテリクス吉祥寺の八木です。

 

8月2,3日に北アルプスの明神岳主稜から前穂高岳縦走に行ってきました。

明神11.png

 朝早くに上高地を出発。前の日が雨だった事もあり、幻想的な雰囲気。

明神.jpg

明神岳主稜へは岳沢登山道を少し上がったところで明神岳5峰めがけて一気に登り詰めます。

稜線上に出るまでひたすら急登を進み、明神岳の主稜上に出ると数時間前出発した上高地や焼岳の姿を見渡せます。

明神2.jpg

 そして、明神岳5峰へ最後の登り。

 明神1.jpg

 5峰からは先にそびえる4峰の姿が。

明神3.jpg

4峰近くで5峰を振り返る。

雄大な岩峰歩きは北アルプスらしい大迫力。

明神6.jpg

 4峰を過ぎるとすぐに3峰に着きます。

1日目の終了地は3峰のビバークポイント。テントを張ったらコーヒーを飲んだり夕食を食べたりしながら

目の前に広がる穂高の稜線と夕陽をゆっくり眺める。

僕らしかいないビバークポイントで贅沢な時間でした。

明神5.jpg

 2日目は3峰を越えた先の2峰へ。後には初日に歩いた明神岳3峰、4峰、5峰

明神10.jpg

丁度太陽も登り、温かい。

2峰から主峰側への下りは懸垂下降。

明神4.jpg

 懸垂下降を終えると遂に主峰へ。

60mロープを初日から持ってくれている。

石井山専新宿ビックロ店マムートの店長佐藤君

明神9.jpg

 主峰も超え、後は前穂高岳まで岩峰を進む。

明神7.jpg

 いくつか小ピークを越えて前穂高岳。明神岳主峰、2峰、3峰がしっかりと見えました。

明神8.jpg

 今回は1泊2日と短い期間でしたが、明神岳主稜線上に出てからは常に大迫力の岩峰と横には西穂やジャンダルム、奥穂などの絶景と大満足な2日間でした。

今月は山の日があるので大きな縦走計画などされている方も多いのではないでしょうか。

 

また、どこかに登った際にはご報告させて頂きます。

とりあえずは、日焼けと筋肉痛の痛みを何とかしないと・・・

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】2017秋冬シーズンスタート!

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

まだまだ夏山シーズンど真ん中ではありますが、

8月1日よりアークテリクスの2017年秋冬シーズンがスタートいたしました。

と言ってもまだ新商品の入荷などはほとんどありません・・・・

しかし、8月4日入荷予定の商品で皆様にご案内したい商品があります。

それは、現在も大人気商品Mantis 26です!

今回は4色展開でございます!

Mantis-26-Backpack-Black-II.jpg

Mantis 26 BlackⅡ ¥17000+Tax

Mantis-26-Backpack-Midnighthawk.jpg

Mantis 26 Midnighthawk ¥17000+Tax

Mantis-26-Backpack-Pilot.jpg

Mantis 26 Pilot ¥17000+Tax

Mantis-26-Backpack-Rigel.jpg

Mantis 26 Rigel ¥17000+Tax

4色共にはじめの入荷は少量となっております!

 

これから徐々に新色や新商品の入荷がはじまるので、またご報告させて頂きます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

 

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】南アルプス塩見岳へ

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です。

 

7月24,25日に南アルプスの塩見岳へ行ってきました。

もともと剱岳予定だったのですが、天気予報の関係で南アルプスへ変更。

車でアクセスできて1泊で頂上までいける山と言うことで塩見岳になりました。

 

駐車場のある鳥倉林道ゲートに朝5時頃到着。車の中で少し仮眠して7時頃出発しました。

shiomi.jpg

天気はやはり良くなく、1日中くもり。

ときおり風でガスが晴れることも。

shiomi8.jpg

テント泊の為、初日は3時間程度で到着する三伏峠小屋で終了。

 

2日目は三伏峠小屋から頂上まで行き、また三伏峠小屋まで戻りテントを撤収して駐車場まで下山するスケジュール。

コースタイムでは10時間以上。出発は朝の1時半。まだまだ真っ暗な樹林帯の中をヘッドライトをつけて進みます。

テントが入っていないので荷物も軽く、順調にコースタイムよりも少し早いくらいで塩見小屋を通過。森林限界になります。

2日目も天気は悪く、くもりでしたが稜線上は風が吹いていたため時折ガスが晴れることも。

shiomi4.jpg

 

shiomi1.jpg

 

shiomi3.jpg

 

 shiomi6.jpg

 このまま少し天候が回復し、山頂での展望を期待しましたが、残念ながら視界5m・・・・・

雷鳥の親子に会えたので、それで満足しそそくさと下山。

下山中には小雨が降ったり止んだりと天候も回復することなくおわりました。

今回はテントで1泊山行でしたがアークテリクス商品の「FL」系の商品をあわせて軽量装備で臨みました。

バックはAlpha FL 45L

ウェアはPsiphon FL Hoody M's、Nuclei FL Jacket M's

アークテリクスのFLとは

ファスト & ライト:スピードを伴う移動に、変わりやすい天候でも身軽に動けるようガーメントはミニマリストデザインとなっており、軽量かつ高いパフォーマンスを発揮します。

となっております。

 今回のように縦走ではなく1泊登山。雨が降ったり止んだり、また荷物も軽くコースタイムよりも早めのペースなど

まさに軽さと速さのバランスがウェアやバックに必要な場面が多い登山でした。

FL系の商品にはテクニカルな用途の商品が多い印象ですが、意外と幅広く使えます。

今回のFL系3商品も元々はクライミングカテゴリーの「ASCENT」シリーズの商品です。

クライミングの場合は持てる荷物の重さや数が限られることも多く、1つのアイテムで多用途に使用できる物が多いです。

もちろん、天候や歩く日数、距離で使用するものは変わってきますが

軽さと耐久性のバランスが良く、多用途で使える物があると結構助かります。

 

まだまだフィールドで使用した事の無いものも多いので、これからも積極的に外でガシガシ商品を使ってご報告していきます!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

【ici club 吉祥寺 ARC'TERYX】日本一の山、富士登山

こんにちは、アークテリクス吉祥寺店の八木です

 

7月5,6日に富士山へ行ってきました。

登ったルートは吉田ルートで山小屋泊での登山となりました。

 

初日は新宿発のバスで富士山五合目まで行き、八合目の白雲荘で1泊

2日目は白雲荘から頂上に登り朝日を見て、白雲荘経由してはじめの五合目駐車場といった行程でした。

 

五合目駐車場に着いた時間は11時半。

既に多くの人で賑わっていました。天候も良くこれから登る富士山もしっかり見えました。

富士山.jpg

観光地の為、五合目まで来て富士山を見て帰るという海外の方も多いようでした。

そこから先の登山道に向かう人と、五合目で帰る人は着ているウェアですぐに分かるくらいまったく違う服装でした。

富士山1.jpg

 六合目。既に下山されて来た方や、同じようにこれから登る方など、沢山の人が行交う場所でした。

富士山2.jpg

七合目あたりからは小屋も増えてきて、休憩している方やガイド付きの団体客の方達などで賑わっています。

富士山3.jpg

7月前半の平日では日本人よりも海外からの団体ツアー客が多いようでした。

富士山7.jpg

八合目あたりでは太陽も出ており、登っている体が温まります。気温は16度程度。

富士山8.jpg

白雲荘は小屋の前が大きく開けた場所になっており、同じように白雲荘に宿泊する方達や、

もう少し上の小屋まで行く方達の休憩スポットとなっていました。

僕たちが到着したのは16時過ぎ。五合目からは3時間30分程度でした。

 富士山11.jpg

そこからコーヒーを飲んだり、部屋に荷物を預けたりしているうちに夕暮れ。

富士山10.jpg

風は穏やかでいたが、陽が落ちてくると少し肌寒い。八合目も標高は3000メートル以上あるのだと改めて実感。

 夕陽を見てこの日は早めに就寝。明日は朝早くから行動開始・・・

 

―2日目―

0時30分頃から小屋の内外は行動開始の準備で賑やかに。

僕達も1時30分頃に朝食を食べて2時15分頃から行動開始。

天気は快晴でいたが陽も出ていないので気温は低くいのですが、沢山の登山客が1本の登山道を同時に登るため

渋滞が発生していました。

また、標高も高いのでなかなか体温が上がるような行動が出来ないので、しっかりと防寒具を着て行動。

白雲荘から1時間30分程度で山頂へ。

富士山5.jpg

お鉢周りはまだ雪が残っており通行止め。次回はお鉢の周りも歩きたい。

富士山6.jpg

朝陽。山頂の気温は1度程度。建物のかげなど風の当たらない場所に居ないと強風で体感はもっと低くなります。

風の当たる岩には氷柱もできていました。

 富士山9.jpg

 しばらく山頂での景色を楽しんで下山開始。

下山も同じ道を沢山の方が同じ時間に利用する為、登り同様に渋滞します。

道がガレているので登りよりも下山のほうが時間が掛かる方が多いようでした。

こっちを見ているのはマムート石井スポーツ新宿ビックロ店の佐藤店長。

 

白雲荘に6時過ぎに帰って来て、またのんびり。そこからまたのんびり下山してバスで東京へ。

富士山は他の山とは比較にならない登山客の多い場所でした。

しかし登ってみるとその理由が少し分かった気がします。

これから富士山に行かれる方も多いと思いますが、防寒具や高山病対策など十分に気をつけて

楽しんできて欲しいと思います!

 

ici club 吉祥寺 ARC'TERYX 八木

arc'teryxのSHOP Blogへ移動する

ページトップへページトップへ